袋回し







このエントリーをはてなブックマークに追加

『袋回し』
袋回しは題詠の一種で、1題1句ずつの即吟を行うためのやや簡易な形式の句会です。
封筒などの袋を順に回していき、1人1人が短冊等に俳句を書いて、それを袋に入れていきます。その後、句が選ばれます。
袋回しの題は、それぞれが好きに選んで書いていいのが基本です。


メニュー


■俳句の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。毎年、8月とお正月にピークがおとずれます。