発句







このエントリーをはてなブックマークに追加

『発句』
発句とは、連歌や俳諧について使用される用語の1つです。
連句の始まりとなる五・七・五の、約17文字を指します。
短歌では上の句といわれる部分にあたり、下の句が続いて同一人物によって詠まれるはずですが、連句ではそのような下の句に相当する七・七を他者から問答のように詠まれるのを期待する意味で、上の句のみの長さの詩句が詠まれます。
その点は、五・七・五で表現しきる俳句とは異なります。
俳句の先駆けとなる俳諧連歌においては、七・七が付されることを期待されることがしばしばありました。短歌の第1句の初五文字や、第1句と第2句、あるいは上の句を指して、同じように発句に分類することもあります。


メニュー


■俳句の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。毎年、8月とお正月にピークがおとずれます。