ホトトギス の変更点







このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホトトギス』
雑誌『ホトトギス』は、合資会社ホトトギス社の発行による、俳句などの総合文芸誌です。
正岡子規の友人が、1897年に創刊しました。1898年10月には、松山から東京に本拠が移され、高濱虚子に継承されました。
小説『吾輩は猫である』を夏目漱石が発表したのが雑誌『ホトトギス』です。
1919年の夏頃には芥川龍之介の句が掲載され、翌月、京大三高俳句会(神陵俳句会)が結成されるなど、保守系の最有力の俳句雑誌として隆盛しました。
一方で、1910年前半に発表されたイプセンの『社会の柱』が9月号では発禁処分となるなど、封建制度を逃れようやく自由を獲た人々の闊達な思想や言論は冬の時代を迎え、ついには1945年に一時中断に追い込まれざるをえなくなったのでした。


#htmlinsert(ad1)


**メニュー [#xbfadac2]
-[[俳句の作り方]]
-[[俳句自動作成ページ>http://anzenhyougo.com/haikudaigaku/auto.html]]
-[[春の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/springhaiku/]]
-[[夏の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/summerhaiku/]]
-[[秋の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/autumnhaiku/]]
-[[冬の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/winterhaiku/]]


■俳句の用語
-[[季題]]
-[[季語]]
-[[今様(いまよう)]]
-[[定型詩]]
-[[起承転結]]
-[[連歌]]
-[[俳諧の連歌]]
-[[貞門派(ていもんは)から談林派そして松尾芭蕉へ]]
-[[里村紹巴(じょうは)]]
-[[松永貞徳(ていとく)]]
-[[西山宗因(そういん)]]
-[[松尾芭蕉]]
-[[野ざらし紀行]]
-[[笈の小文(おいのこぶみ)]]
-[[おくのほそ道]]
-[[発句]]
-[[連句]]
-[[句会]]
-[[発句合]]
-[[膝回し]]
-[[袋回し]]
-[[題詠句会]]
-[[吟行句会]]
-[[ホトトギス]]
-[[現代の季語]]
-[[歳時記]]



-[[春の季語キーワード]]
-[[夏の季語キーワード]]
-[[秋の季語キーワード]]
-[[冬の季語キーワード]]


-[[季語以外キーワード]]

■キーワード一覧
-[[俳句ア行]]
-[[俳句カ行]]
-[[俳句サ行]]
-[[俳句タ行]]
-[[俳句ナ行]]
-[[俳句ハ行]]
-[[俳句マ行]]
-[[俳句ヤ行]]
-[[俳句ラ行]]
-[[俳句ワ行]]

■コメント一覧
-[[俳句ア行コメント]]
-[[俳句カ行コメント]]
-[[俳句サ行コメント]]
-[[俳句タ行コメント]]
-[[俳句ナ行コメント]]
-[[俳句ハ行コメント]]
-[[俳句マ行コメント]]
-[[俳句ヤ行コメント]]
-[[俳句ラ行コメント]]
-[[俳句ワ行コメント]]

■俳句の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。毎年、8月とお正月にピークがおとずれます。