歳時記 の変更点







このエントリーをはてなブックマークに追加

『歳時記』
歳時記は元来、季節物の万羅森象を季節により分類してまとめた書のことを指していいます。
これには古今東西の年中行事なども含まれています。
江戸時代以降、主に俳諧の連歌用および俳句用の季語の分類と、それら季語の解説や模範例が載せられた書をいうようになりました。
律詩や絶句などの定型詩の形式が大成された唐の歳時記のことが、奈良時代にも知られていましたが、オリジナルの歳時記としては、1688年の貝原益軒著『日本歳時記』が最初といわれています。
連歌の季語を編集した季寄せや季節ごとの類題集は当時存在していたといわれ、北村季吟の『山の井』が有名です。1803年に著された、滝沢馬琴による『俳諧歳時記』もまた大変著名です。
1872年の太陽暦導入以降、いくつかの出版社においては陰暦を調整するために新年の部を設けたり、季節感を調えるのに苦慮したりの試行錯誤がありました。
しかしながら、徐々に形式が整えられて出版され、現代の投句や日頃の呻吟の際の必携のキーワード集となっています。虚子編新歳時記が『季寄せ』として三省堂から出版されていますが、他にも多数の出版社が歳時記を出版しています。


#htmlinsert(ad1)


**メニュー [#o07bae9b]
-[[俳句の作り方]]
-[[俳句自動作成ページ>http://anzenhyougo.com/haikudaigaku/auto.html]]
-[[春の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/springhaiku/]]
-[[夏の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/summerhaiku/]]
-[[秋の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/autumnhaiku/]]
-[[冬の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/winterhaiku/]]

■俳句の用語
-[[季題]]
-[[季語]]
-[[今様(いまよう)]]
-[[定型詩]]
-[[起承転結]]
-[[連歌]]
-[[俳諧の連歌]]
-[[貞門派(ていもんは)から談林派そして松尾芭蕉へ]]
-[[里村紹巴(じょうは)]]
-[[松永貞徳(ていとく)]]
-[[西山宗因(そういん)]]
-[[松尾芭蕉]]
-[[野ざらし紀行]]
-[[笈の小文(おいのこぶみ)]]
-[[おくのほそ道]]
-[[発句]]
-[[連句]]
-[[句会]]
-[[発句合]]
-[[膝回し]]
-[[袋回し]]
-[[題詠句会]]
-[[吟行句会]]
-[[ホトトギス]]
-[[現代の季語]]
-[[歳時記]]



-[[春の季語キーワード]]
-[[夏の季語キーワード]]
-[[秋の季語キーワード]]
-[[冬の季語キーワード]]


-[[季語以外キーワード]]

■キーワード一覧
-[[俳句ア行]]
-[[俳句カ行]]
-[[俳句サ行]]
-[[俳句タ行]]
-[[俳句ナ行]]
-[[俳句ハ行]]
-[[俳句マ行]]
-[[俳句ヤ行]]
-[[俳句ラ行]]
-[[俳句ワ行]]

■コメント一覧
-[[俳句ア行コメント]]
-[[俳句カ行コメント]]
-[[俳句サ行コメント]]
-[[俳句タ行コメント]]
-[[俳句ナ行コメント]]
-[[俳句ハ行コメント]]
-[[俳句マ行コメント]]
-[[俳句ヤ行コメント]]
-[[俳句ラ行コメント]]
-[[俳句ワ行コメント]]

■俳句の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。毎年、8月とお正月にピークがおとずれます。