俳諧の連歌 の変更点







このエントリーをはてなブックマークに追加

『俳諧の連歌』
俳諧連歌は、連歌がより簡素かつ洒脱な形式となり、室町時代に気軽に楽しまれるようになったものです。山崎宗鑑等の有名な俳諧師が居ます。
江戸時代には、松永貞徳によって俳諧連歌が隆盛し、松永貞徳の派閥は貞門派といわれ、大変流行しました。
その人気は連歌をしのぐほどでした。
江戸時代をとおして、発句の五・七・五だけが取り沙汰されることがあっても、俳諧連歌といえば連句の形式となっていることがほとんどという認識でした。
そういうところから、発句のみの五・七・五拍の韻律を確立させる技法を持っていた芭蕉は独特でした。


#htmlinsert(ad1)


**メニュー [#j1e107c3]
-[[俳句の作り方]]
-[[俳句自動作成ページ>http://anzenhyougo.com/haikudaigaku/auto.html]]
-[[春の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/springhaiku/]]
-[[夏の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/summerhaiku/]]
-[[秋の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/autumnhaiku/]]
-[[冬の俳句自動作成>http://anzenhyougo.com/winterhaiku/]]

■俳句の用語
-[[季題]]
-[[季語]]
-[[今様(いまよう)]]
-[[定型詩]]
-[[起承転結]]
-[[連歌]]
-[[俳諧の連歌]]
-[[貞門派(ていもんは)から談林派そして松尾芭蕉へ]]
-[[里村紹巴(じょうは)]]
-[[松永貞徳(ていとく)]]
-[[西山宗因(そういん)]]
-[[松尾芭蕉]]
-[[野ざらし紀行]]
-[[笈の小文(おいのこぶみ)]]
-[[おくのほそ道]]
-[[発句]]
-[[連句]]
-[[句会]]
-[[発句合]]
-[[膝回し]]
-[[袋回し]]
-[[題詠句会]]
-[[吟行句会]]
-[[ホトトギス]]
-[[現代の季語]]
-[[歳時記]]



-[[春の季語キーワード]]
-[[夏の季語キーワード]]
-[[秋の季語キーワード]]
-[[冬の季語キーワード]]


-[[季語以外キーワード]]

■キーワード一覧
-[[俳句ア行]]
-[[俳句カ行]]
-[[俳句サ行]]
-[[俳句タ行]]
-[[俳句ナ行]]
-[[俳句ハ行]]
-[[俳句マ行]]
-[[俳句ヤ行]]
-[[俳句ラ行]]
-[[俳句ワ行]]

■コメント一覧
-[[俳句ア行コメント]]
-[[俳句カ行コメント]]
-[[俳句サ行コメント]]
-[[俳句タ行コメント]]
-[[俳句ナ行コメント]]
-[[俳句ハ行コメント]]
-[[俳句マ行コメント]]
-[[俳句ヤ行コメント]]
-[[俳句ラ行コメント]]
-[[俳句ワ行コメント]]

■俳句の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。毎年、8月とお正月にピークがおとずれます。